2020年07月11日

三島由紀夫研究会290回公開講座


10月は井川一久氏が浪曼主義を論ずる
          三島由紀夫研究会事務局

やはりさる5月に予定されていながら延期されていた井川一久氏(ジャーンリスト、元朝日新聞社記者)の浪曼主義に関する公開講座を以下の通り10月23日(金)に開催します。ご期待下さい。

日時 令和2年10月23日(金)18時開演(17時半開場)
場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師 井川一久氏(いかわ かずひさ、ジャーナリスト、元朝日新聞社記者、編集委員)
演題 「現代日本と浪曼主義」
講師略歴 昭和9年生。愛媛県出身。早稲田大学政経学部卒後朝日新聞社入社。外報部で活躍、ハノイ初代支局長をはじめ長年インドシナ情勢を取材。現在も戦後ヴェトナムに残留し、対仏独立戦争や対米戦争で戦った日本人将兵の記録に取り組んでいる。また井川氏は日本浪曼派に興味を持ち、保田與重郎など日本浪漫派の巨人達との取材経験も豊富である。主な著書に『カンボジア黙示録』(田畑書店)、『このインドシナー虐殺・難民・戦争』(連合出版)など多数。
参加費  会員・学生 1千円(一般2千円)

posted by 三島研事務局 at 08:16| 三島研講座