2016年12月30日

三島由紀夫研究会267回公開講座


4月の公開講座は井上隆史先生
2月にはメキシコでも「国際 三島シンポジウム」があり、その本の編集も進んでいるとのことです。

日時   平成29年4月25日(火)午後6時半(午後6時開会)
場所   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師   井上隆史先生(国文学者、白百合女子大教授)
演題    三島由紀夫 「二つの国際シンポジウムー東京とメキシコ」
(講師プロフィール:昭和38年生まれ。横浜市出身。東京大学文学部国文科卒。国文学者。専門は日本近代文学。白百合女子大教授。憂国忌発起人。著編書に『三島由紀夫幻の遺作を読む〜もう一つの『豊饒の海』』(光文社新書)、『三島由紀夫の愛した美術』(共著、新潮社)、『混沌と抗戦〜三島由紀夫と日本、そして世界』(共編、水声社)など多数。
会費 一般2千円(会員1千円)
posted by 三島研事務局 at 09:25| 三島研講座

三島由紀夫研究会266回公開講座


3月の公開講座は西村幸祐氏

日時:  平成29年3月21日(火)午後6時半〜(午後6時開場)
場所   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師: 西村幸祐氏(評論家)
演題: 三島由紀夫と21世紀の日本(仮題)
会費: 一般2千円(会員1千円)
 (プロフィール:昭和27年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学文学部哲学科中退。学生時代に『三田文学』の編集に携わる。以降評論、言論の世界で活躍中。
主な著書に『21世紀の「脱亜論」中国・韓国との決別』(祥伝社新書)、『日本人に「憲法」は要らない』(KKベストセラーズ ベスト新書)など多数)
posted by 三島研事務局 at 09:24| 三島研講座

三島由紀夫研究会265回公開講座


三島由紀夫研究会、二月の「公開講座」は下記の要領です。

日時  平成29年2月23日(木)18時半より(18時開場)
場所  アルカディア市ヶ谷
講師 松本徹先生(文芸評論家、三島由紀夫文学館館長、憂国忌代表発起人)
演題 三島由紀夫の時代(仮題)
(講師プロフィール 昭和8年北海道生まれ。大阪市立大学文学部卒。産経新聞記者を経て文芸評論へ。近畿大教授、武蔵野大教授を歴任。現在三島由紀夫文学館館長。最近著に『三島由紀夫の時代 芸術家11人との交錯』、水声社)
会費  2000円(会員は千円)
posted by 三島研事務局 at 09:22| 三島研講座