2019年03月21日

三島由紀夫研究会280回公開講座


7月公開講座の日程とテーマが下記のように決りましたのでお知らせします。蓮田善明とともに「文芸文化」を創刊し、また三島由紀夫の才能を見出し三島由紀夫が世に出ることに尽力した清水文雄について論じて頂きます。
荒岩氏がこれまで当会で取り上げた蓮田善明、保田與重郎、伊東静雄、影山正治に続く浪曼派文学シリーズの第5弾になります。乞御期待。

日時 7月26日(金)18時半より(18時開場)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
演題 「清水文雄の国文学と教育」
講師 荒岩宏奨(あらいわ ひろまさ、展転社取締役編集長)
講師略歴 昭和56年山口県生まれ。広島大学教育学部卒、プログラマー、雑誌編集者を経て現在展転社取締役編集長。著書『国風のみやびー国体の明徴と天業の恢弘』(展転社)。尚荒岩氏は来る4月より展転社代表取締役に就任予定です。
会場費 会員・学生千円(一般2千円)
posted by 三島研事務局 at 14:03| 三島研講座

三島由紀夫研究会279回公開講座


六月の「公開講座」は渥美饒児氏(文藝賞受賞作家)
6月公開講座は下記の通り行いますのでお知らせします。浜松在住の作家・渥美饒児氏が小説家を志した20代より30年間にわたって蒐集した「三島由紀夫コレクション」を通じて、三島由紀夫への熱い思いを語って頂きます。

日時 6月24日(月)18時半より(18時開場)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
JR/地下鉄「市ヶ谷」徒歩2分
演題 「私の三島由紀夫コレクション」
講師 渥美饒児氏(あつみ じょうじ、小説家)
<講師プロフィール>昭和28年生、静岡県浜松市出身。日本大学文理学部卒。『ミッドナイト・ホモサピエンス』(河出書房新社)で昭和59年度文藝賞を受賞。『十七歳、悪の履歴書―女子高生コンクリート詰め殺人事件』(作品社)を原作とした映画「コンクリート」(中村拓監督)が平成16年に上映される。その他『孤蝶の夢―小説北村透谷』(作品社)、『原子の闇』、『沈黙のレシピエント』(何れも中央公論新社)、『潜在殺』(河出書房新社)など多数。浜松市在住。
平成25年浜松文芸館で「三島由紀夫コレクション展」を主催した。
posted by 三島研事務局 at 14:02| 三島研講座

2019年03月17日

三島由紀夫研究会278回公開講座


5月公開講座は元「正論」編集長の上島嘉郎氏です。


日時 5月28日(火)18時半開演(18時開場)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館) JR・地下鉄「市ヶ谷」下車2分
演題 「三島由紀夫と西郷南洲」(仮題)
講師 上島嘉郎(かみじまよしろう)氏はジャーナリスト、元月刊「正論」編集長
(講師略歴)昭和33年生。長野県出身。愛媛県立松山南高校卒。フリーランスを経て産経新聞社に入社。月刊「正論」編集長を歴任。現在はフリージャーナリストとして活躍中。
著書として『韓国に言うべきことをキッチリ言おう!−いわれなき対日非難「サクサク反論ガイド」』(ワニプラス、共著に『大東亜戦争「失敗の本質」』(飛鳥新社)がある。
posted by 三島研事務局 at 23:32| 三島研講座

三島由紀夫研究会277回公開講座


四月の「公開講座」は金子宗徳氏(里見日本文化学研究所所長)に国体論をテーマに講演して頂きます。まさに御代替わり、改元の直前という時期にかなった内容になるものと存じます。


日時 4月19日(金)18時半開演(18時開場)
会場 アルカディア市ヶ谷(JR・地下鉄「市ヶ谷」下車2分)
演題 「御代替わりに際して〜あらためて国体とは何か」
講師 金子宗徳氏(里見日本文化学研究所所長、月刊『国体文化』編集長、亜細亜大学非常勤講師)
会費 会員・学生1千円(一般2千円)
<講師略歴 昭和50年生。名古屋市出身。京都大学大学院人間・環境学研究
科博士課程修了退学。著作『安全保障のビッグバン』(共著・読売新聞社)『「大正」再考―希望と不安の時代』(共著・ミネルヴァ書房)『保守主義とは何か』(共著・ナカニシヤ出版)
posted by 三島研事務局 at 23:29| 三島研講座

2019年01月05日

三島由紀夫研究会276回公開講座


3月公開講座に葛城奈海さんをお招きすることが決まりました。



日時 3月22日(金)18時半より
会場 アルカディア市ヶ谷
演題 三島由紀夫と私(仮題)
講師 葛城奈海氏(ジャーナリスト、女優、環境運動家、予備自衛官)
(略歴 昭和45年生 東京都出身。東大農学部卒。防衛省市ヶ谷台ツアー案内係を経て予備自衛官に。現在予備3等陸曹。チャンネル桜キャスター、防人と歩む会会長。著書に『国防女子が行く』(河添恵子、赤尾由美、兼次映利加との共著、ビジネス社)。最新刊は奥本康大氏との共著『大東亜戦争 失われた真実』(ハート出版)。
葛城奈海さんは防衛省の市ヶ谷台ツアーの案内係をしていた3年間、毎日のように三島自決現場を案内していた経験があり、ある日霊を感じたという。それを契機に予備自衛官になり、尖閣へも十回ほど行っている行動派、国防女子の代表格です。
posted by 三島研事務局 at 09:46| 三島研講座